マナウスのこんなところ

〜マナウス日本人学校の施設編〜


マナウス日本人学校には、上履きがなく、靴のまま過ごします。
ランドセルもないので、リュックサックを使っている人が多いです。
そして、教室には黒板がなくて、ホワイトボードです。



 スクールバスで登下校していて、家の前までバスがきてくれます。
バスの中では友だちとおしゃべりしたり、本を読んだり、寝たりできます。
漫画も読んでいいので、学校の図書室には漫画がたくさんあります。
図書室には映画や他の国の本もたくさんあります。



 給食がなくてお弁当で、みんなで一緒に食べます。
全員一緒に食べるので、みんな仲良しです。



 雨が降ると雨漏りをします。
そこら中で雨漏りします。なのでみんなあんまり気にしません。



 行事がとても多く、授業も7時間目まであります。
「アラーラ」や「フリー」という時間があって、そこでは行事の準備をしたり、みんなで遊んだりします。
 校舎も体育館も、床がコンクリートで、体育館では鬼ごっこやサッカーをして遊びます。
コンクリートなので、床はモップでふきます。




 わたしは、靴で教室に入るのに始めはびっくりしました。
でも慣れてくると普通になります。
給食はないけど、みんなと一緒にお弁当を食べるのも楽しいですよ。
日本では自由に行けていた運動場も、借りているところなので不便ですが、
そのかわり体育館で遊べます。
果物がたくさんあるので、帰りに何個か取って帰ってもOKです。