マナウスのこんなところ

〜マナウス日本人学校の生活編〜



小学生中学生が一緒に行動

知らない言葉や面白い言葉など知れて、楽しいです。
日本みたいに先輩後輩など全くないので心配御無用です。
たまにふざけて変態なこともいいます。
たまに「なに言ってんの」ということになりますがとてもおもいしろいです。







日本全国
日本全国から人が来ているので静岡弁・熊本弁・大阪弁などいろいろな方言が聞けて楽しいです。
他にも県それぞれの人で考え方が違ったりして、
大変なときもあるけど面白い考えの人が多くて笑えます。





男の先生
男の先生が多くて面白いです。日本の先生は、たいてい女の先生で、マジメ過ぎですよね。
男の先生は、恥ずかしい事もしてくれて、とても笑えます。
他にもフリーという遊びの時間では、一緒にドッジボール、鬼ごっこなどやってくれて楽しいです





文化コース
マナウス日本人学校には文化コースがあります。
文化コースというのは、ブラジルに住んでいるけど日本語を勉強したい人が通うコースです。
一緒に勉強したり行事をしたりします。
午前中しかいませんが、学校の活動はだいたい一緒にやります。
文化コースの友だちはとても面白いです。
ウーウーというサイレンの音を、ブラジルでは「戦争に勝ったぞー」といって例えます。
ほかにもいろいろなものをおもしろいものに例えていて、とても笑えます。





教科担任
教科担任制なので、わからないところや難しいところ、もっと詳しく知りたいところなどを、
詳しく分かりやすく、そしておもしろく教えてくれます。
図工では絵がとても上手な先生に習っているので、アドバイスがとても上手です。






先生の子ども
先生の子どもは自分のお父さんの授業だと違和感があるらしく、
「お・・・じゃなくて先生」と、たまにお父さんと言ってしまいそうになることがあるらしく、
それを聞いているとおもしろいです。